気ままな主婦ブログ

主婦の日常 投資から今晩の夕食まで

ビットコイン仮想通貨、はまだ終わらない

calendar

最近騒がれている、仮想通貨、ビットコイン、アルトコイン

私は2017年11月からはじめました。
はじめた頃はまずビットコインを日本円で10万~スタートし合計で30万円位まで買ってみました。やさ
4万円ほど利益がでたので売却したりしていましたが、携帯での取引だと手数料が非常に高く
あまり利益が出ないことに気づいたのでアルトコイン(XRPやXEM)に方針転換しました。
金額も1万~3万円程で宝くじを買う感覚で購入しました。
こちらの方がもともとの金額が安く取引されているため購入しやすく、しかもビットコインより取引が
増えていました。
投資した金額が2倍になりましたが、やはりこちらも取引手数料が高いので大幅な利益がでるまでそのまま
にしておこうと思っていた矢先に暴落とこのまま先行きが暗くなるなどのニュースでとりだたされてきた
た。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 仮想通貨「ビットコイン」の価格が急落している。17日朝は国内の一部取引所で昨年11月下旬以来、約2カ月ぶりに1ビットコイン=100万円を割り込んだ。中国などで仮想通貨への規制を強化する動きがあると報じられ、先行き不安が広がった。17日夕にはやや持ち直し、約130万円ほどとなった。昨年12月には一時220万円まで急騰したが、その半値程度の水準になっている。

情報サイト「コインデスク」によると、海外で15日は1コイン=1万4千ドル(約150万円)ほどだったが、17日午前に一時1万ドル程度まで急落。日本の取引所ではさらに下がり、100万円を下回る場面があった。大損をした投資家が、損失穴埋めのためにさらにコインを売るなど、売りが売りを呼ぶ展開となった。時価総額は約20兆円と、この2週間で約10兆円も減った。

「イーサリアム」や「リップル」といった他の仮想通貨の相場も軒並み下落した。(朝日新聞より引用

とあります。確かに発行主体が存在するわけではなく、価値がこのままゼロになるのではないかとヒヤヒヤしたものでした。しかしながら、わたしはタイトルのように仮想通貨は今でも優良な投資商品であるといえると思います。以下に理由をあげます。

まだある、ビットコイン、をはじめとする仮想通貨、投資、の可能性

ビットコインバブルが「まとも」である3つの根拠

なぜ、今のビットコイン価格は「まとも」と言えるのか?

まず第一の根拠は、ビットコインには実需があるということだ。ここでいう実需とは、ビットコインで支払いができるという意味ではない。日本でも飲食店や家電販売店を中心にビットコインで精算ができるお店は増えているが、ビットコインをたくさん持っている人が「決済に便利だからビットコインで支払う」ということは主流の用途ではない。使わずに持っていたほうが儲かる通貨なのだから、それは当然だろう。

そうではなく、ここでいう実需とは資産の貯蓄需要である。日本人の大半は資産を銀行預金の形で貯蓄している。我々がそうしている理由は、銀行が倒産するかもしれない、日本銀行券が紙くずになってしまうかもしれないといった、特別に大きな不安を抱いているからではない。

でも世界には、「銀行はいつか倒産するかもしれない」「政府が発行する紙幣は信用できない」と考える人の方が人口的には多い。

そういった人たちの従来の知恵は、米ドルの高額紙幣をスーツケースいっぱいに詰めて隠しておくことだった。だが、それもリスクはある。米ドルの高額紙幣は偽札も少なくないし、そもそも米国経済が崩壊すれば米ドルはインフレに陥り安全資産とは言えなくなるかもしれない。さらに、タンス預金は強盗に入られたらおしまいだ。

またそれとは違った観点で、発展途上国の高官などには、巨額の資産を誰にも知られずに保有したいというニーズがある。従来はスイスの銀行に匿名口座で隠すこともできたのだが、現在はマネーロンダリングへの警戒からいつ口座が凍結されるかもわからない。

そこに登場したのがビットコインで、資産を匿名で保管するには米ドルよりも安全というわけだ。実際、ビットコインの需要は中国やロシアといった新興国で多い。スマホが普及している国であれば、世界中どこの国でも安全にビットコインを保有することができるから、これから先、さらに中東やアフリカにビットコイン実需が波及する素地は十分ある。

イーサリアムやリップルって?やはり仮想通貨では圧倒的な信用

第二の根拠として、そのような需要の向かう先として数多ある仮想通貨の中ではやはりビットコインが圧倒的に信用があるという点だ。

仮想通貨は直近で1000種類以上あるといわれている。「もうビットコインはダメだ」「これから投資するならイーサリアムだ」「いや、リップルだろう」などと、新しい仮想通貨を推奨する人は多い。

投資という観点でいえば、まだ価格が上がっていない銘柄の方が、もう上がってしまった銘柄よりも魅力的だという考えはわかる。実際、新しくつくられた仮想通貨の価格が上がりやすいというケースも散見される。

しかし、それでも世界の資金が集中するのは、今でも圧倒的にビットコインなのだ。

インターネットサイトで、世界の仮装通貨の上位100位の時価総額ランキングが発表されている。仮にその下の101位から1000位までの仮想通貨の時価総額が(実際は平均すればもっと小さいはずだが)全部100位の半分だと仮定して、本日時点における仮想通貨市場の上位集中度を計算すると、ビットコインの時価総額が市場全体の53%を占めることになる。

ビットコインは、これまでビットコインキャッシュとビットコインゴールドに分裂しているが、この3つを合計すれば60%がビットコイングループで占められている。仮想通貨で2番目に規模が大きいイーサリアムが市場全体の11%、5位のリップルが2%で、そこから下の仮装通貨はかなり規模が小さくなっている。

中国政府は仮想通貨を敵視しているようで、国内の取引所を停止することで、9月中旬にはビットコイン価格が暴落することもあった。しかし、暴落相場はわずか2日で元の水準を上回るところまで回復した。中国以外の国でもビットコインの人気は高いということだ。

その中国が11月に入って再びビットコイン取引を再開させたことで、足もとの相場加熱が起きている。一番人気の座は揺るぎそうにない。

つまり新しい仮想通貨がいくら出てきても、世界の大半の人はその新しい通貨を「あまり信用できない」と思っているということだ。「結局は仮想通貨の中でビットコインが一番信用できる」と考えるから、ビットコインの実需としての人気は不動なのである。

そして第三の根拠は、ビットコインが数多ある仮想通貨の中で、将来現実世界の基軸通貨として君臨するところまで成長すると仮定した場合、現状では国際通貨と比較してまだ時価総額(つまり通貨供給量)が1ケタ小さいという現実がある。

日本円の供給量、つまりマネーストックは、日銀の異次元緩和の中、M2という現金と銀行預金を合計した指標で980兆円、M3(M2にゆうちょ銀行への預金を足したもの)という指標だと1300兆円くらいの規模が市中に流通している。それと比べて、ビットコインの時価総額はまだ20兆円前後なので「まだまだ世界的な基軸通貨と並ぶほどの通貨量までには増えていない」という考え方だ。

ビットコインバブルが「危険」とは言い切れない3つの根拠

以上の理由から、ビットコイン、アルトコイン、をはじめとする、仮想通貨の投資をおすすめします。

オススメの取引所

私はコインチェック(coincheck)を利用しています。パソコン版からですと、手数料が無料なのが素晴らしいです。それだけなく、アルトコインの取り扱い数も多いので特におすすめです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

以下で紹介しました。


GUTE-URLS

Wordpress is loading infos from snake-mouse

Please wait for API server guteurls.de to collect data from
snake-mouse.work/